アットザシーサイド秋明菊賞 出走決定」の記事を紹介します。



11月23日(月)、京都9R 2歳500万円以下 秋明菊賞(2歳、500万円下、芝1400m)にアットザシーサイド(牝2)が出走します。


鞍上は、C.ルメール騎手です。



アットザシーサイドは、10月の新馬戦で、上がり3ハロン34.9秒の末脚で勝利していました。



アットザシーサイド 血統】(牝2)


父  キングカメハメハ
母  ルミナスハーバー
母父 アグネスタキオン


調教師 :浅見秀一(栗東)


馬主  :吉田照哉


生産者 :社台ファーム


通算成績:1戦1勝



ルミナスハーバーは、2006年の阪神ジュベナイルフィリーズでウオッカが優勝の3着馬。


伯父に、2006年のエルムステークスなど重賞3勝のヒシアトラスがいる血統。



馬主は、社台グループ総裁の吉田照哉(よしだてるや)さんです。



アットザシーサイド」の馬名意味は、「海辺にて」です。




アットザシーサイドは、秋明菊賞を無傷で勝って、阪神ジュベナイルフィリーズに向かって欲しいですね!


秋明菊賞楽しみですね!