ラベンダーヴァレイ赤松賞 出走決定」の記事を紹介します。



11月21日(土)、東京9R 2歳500万円以下 赤松賞(2歳、500万円下、牝馬限定、芝1600m)にラベンダーヴァレイ(牝2)が出走します。

鞍上は、戸崎圭太騎手です。



ラベンダーヴァレイは、10月の新馬戦で、上がり3ハロン33.9秒の末脚でフルーキーの半弟 シーブリーズラブに勝利していました。

シーブリーズラブは、次走の未勝利戦で勝ち上がりました。


ラベンダーヴァレイ  血統】(牝2)


父  ディープインパクト
母  クロウキャニオン
母父 フレンチデピュティ


調教師 :藤原英昭(栗東)


馬主  :金子真人ホールディングス 株式会社


生産者 :ノーザンファーム


通算成績:1戦1勝



ラベンダーヴァレイは、全兄に重賞常連馬が並ぶ良血馬です。


ボレアス      2011年 レパードステークス 優勝

マウントシャスタ  2012年 毎日杯 2着

カミノタサハラ   2013年 弥生賞 優勝

ベルキャニオン  2014年 共同通信杯 2着



全馬、金子真人(ホールディングス)さんの所有馬です。


ラベンダーヴァレイ」の馬名意味は、「ラベンダーの咲く谷」です。




ラベンダーヴァレイは、赤松賞を無傷で勝って、阪神ジュベナイルフィリーズに向かって欲しいですね!


赤松賞楽しみですね!