クラリティスカイ 血統【マイルチャンピオンシップ出走】」の記事を紹介します。



11月22日(日)に、マイルチャンピオンシップ(京都、G1、3歳以上、芝1600m)が行われます。



今年2015年のNHKマイルカップ 優勝馬のクラリティスカイは、前走の富士ステークスでは、6番人気で15着のブービーの大敗を喫しました。

今回は、叩き2戦目になります。



クラリティスカイの血統がちょっと気になったので、調べてみました。



クラリティスカイ 血統】(牡3)


父  クロフネ
母  タイキクラリティ
母父 スペシャルウィーク


調教師 :友道康夫(栗東)


馬主  :杉山忠国


生産者 :パカパカファーム


通算成績:9戦3勝



祖母タイキダイヤは、1999年のクリスタルカップ 優勝馬。


半兄クラリティシチー(父キングカメハメハ)は、2014年のラジオNIKKEI賞 2着。



クラリティスカイの馬主は、杉山忠国(すぎやまただくに)さんです。

【杉山忠国 関連記事】
クラリティスカイ 馬主【杉山忠国】



クラリティスカイ
(タイキクラリティの2012)は、2012年の「セレクトセール 2012」当歳馬セリで上場されましたが、落札に至らず、杉山忠国さんとの直接交渉で取引された馬でした。



クラリティスカイ」の馬名意味は、「澄み切った空」です。




人気はありませんが、マイルG1馬ですので、大駆けがあっても不思議ではありません。


クラリティスカイは、叩き良化型ですが巻き返せるでしょうか。



マイルチャンピオンシップ楽しみですね!