【2015年 武蔵野ステークス】 結果」の記事を紹介します。



今日11月14日(土)に、第20回武蔵野ステークス(GⅢ、3歳以上、東京、ダ1600m)が行われました。



勝ったのは、C.ルメール騎手騎乗の2番人気 ノンコノユメ(牡3)。


ノンコノユメは中団後方追走、直線外から追い上げ、ゴール前で2着馬のタガノトネールをハナ差捕らえ優勝。


勝ちタイムは、1分34秒7。



ノンコノユメは、古馬との初対戦でしかも58㎏の斤量を背負いましたが、難なくクリアし、重賞3勝目。


ノンコノユメは、12月6日に行われるチャンピオンズカップ(中京、ダ1800m)の優先出走権を獲得しました。



2着は、5番人気 タガノトネール(牡5)。


3着は、デビューから無傷の4連勝中だった1番人気 モーニン(牡3)。



3番人気 ゴールデンバローズ(牡3)は11着でした。



武蔵野ステークス 結果】14頭 東京ダ1600m 稍重


1着 ノンコノユメ  C.ルメール 1.34.7
2着 タガノトネール 戸崎圭太  1.34.7
3着 モーニン    川田将雅  1.35.0


3連複は1720円、3連単は13660円でした。



ノンコノユメ 血統】(牡3)


父  トワイニング
母  ノンコ
母父 アグネスタキオン


調教師 :加藤征弘(美浦)


馬主  :山田和正


生産者 :社台ファーム


通算成績:9戦6勝



近親に、2005年の有馬記念、2006年のドバイシーマクラシック優勝馬のハーツクライがいる血統。



ノンコノユメ馬名意味は、「ノンコの夢。母名より連想」です。




ノンコノユメ次走は、チャンピオンズカップですね。


次走も楽しみですね!