シーブリーズラブ【カジノドライヴ産駒】 未勝利戦結果」の記事を紹介します。



今日11月7日(土)、東京3R 2歳未勝利戦(牝馬限定、芝1600m)が行われました。



新馬戦の際取り上げた、横山典弘騎手騎乗のシーブリーズラブ(牝2)が、1番人気で見事勝利しました。


シーブリーズラブは、直線で抜け出し快勝。

勝ちタイムは、1分35秒5。



10月12日の2歳新馬戦(東京、芝1600m)では、4番人気でしたが、1番人気でボレアスの全弟のラベンダーヴァレイの2着に敗れていました。


【シーブリーズラブ 関連記事】

シーブリーズラブ【カジノドライヴ産駒】 デビュー戦 結果



2着は、8番人気のイチゴアミーラ。



シーブリーズラブ  血統】(牝2)


父  カジノドライヴ
母  サンデースマイルII
母父 サンデーサイレンス


調教師 :池上昌和 (美浦)


馬主  :島川隆哉


生産者 :ノーザンファーム



半兄は、10月4日のポートアイランドステークス(オープン)を快勝したフルーキー(父Redoute's Choice)。


ちなみに、フルーキーの馬主は、新馬戦で負けたラベンダーヴァレイの馬主と同じ金子真人(ホールディングス)さんです。



シーブリーズラブの馬主は、「トーセン」の冠名でおなじみの、島川隆哉(しまかわたかや)さんです。



シーブリーズラブ(サンデースマイルIIの2013)は、2014年の「セレクトセール2014」1歳馬セールにて、島川隆哉さんが2100万円(税抜)で落札。



シーブリーズラブ」の馬名意味は、「海風+愛情」です。



カジノドライヴ産駒の芝での勝利は、コウエイテンマに続いて2頭目です。



シーブリーズラブの今日の上がり3ハロンは、34.2秒。


新馬戦の上がり3ハロンは、33.8秒。


半兄はフルーキーですし、シーブリーズラブ次走も期待出来ますね!