ヴァンキッシュラン超良血馬】未勝利戦 出走」の記事を紹介します。



明日11月7日(土)、京都4R 未勝利戦(芝2000m)が行われます。

この未勝利戦には、7月26日の2歳新馬戦(函館、芝1800m)で、ワークフォース産駒アフターダークに逃げ切られ、3馬身差の完敗を喫した、超良血馬ヴァンキッシュランが、久々に登場します。

ちなみに、アフターダークは、その後の2戦惨敗続き。



今回のヴァンキッシュランの鞍上は、岩田康誠から浜中俊騎手に乗り替わり。



ヴァンキッシュランの馬主は、「トーセン」の冠名でおなじみの、島川隆哉(しまかわたかや)さんです。



ヴァンキッシュラン 血統】(牡2)


父  ディープインパクト
母  リリーオブザヴァレー
母父 Galileo


調教師 :角居勝彦(栗東)


馬主  :島川隆哉


生産者 :社台ファーム


通算成績:1戦0勝



Lily of the Valley(リリーオブザヴァレー)は、2010年のオペラ賞 優勝馬(仏、G1)。


母の半弟(ヴァンキッシュランの伯父) Mubtaahij(ムブタヒージ)は、今年2015年のUAEダービーで、2着のMaftool(マフツール)に8馬身差の圧勝。

母の父は、名馬で、「怪物」Frankel(フランケル )を輩出したGalileo(ガリレオ)。



ディープインパクト×母父ガリレオの血統配合は、今まで2頭いますが、あまりいい成績が残せていません。



ヴァンキッシュラン(リリーオブザヴァレーの2013) は、2013年の「セレクトセール2013」当歳馬セリにて、島川隆哉さんが1億9000万円(税抜)で落札。



ヴァンキッシュラン」の馬名意味は、「走りで打ち負かす」です。



しかし、この未勝利戦には強敵が2頭います。


伝説の未勝利戦になるかもしれません(笑)



1頭は、新馬戦でバティスティーニ(牡2)の3着に敗れた、ハープスター(父ディープインパクト)の半妹 リュラ(牝2)。

【リュラ 関連記事】
リュラ【ハープスター妹】ゲート試験合格



もう1頭は、新馬戦でディアデラノビアの息子 ドレッドノータス(牡2)の3着に敗れた、クォークスター(父アグネスタキオン)の半弟 ファスナハト(牡2)。

【ファスナハト 関連記事】
ファスナハト【クォークスター 半弟】10月25日 デビュー戦 決定


正直厳しい未勝利戦になりますが、今回は1億9000万円の走りを見てみたいですね(笑)


未勝利戦楽しみですね!