エルフィンコーブ】デビュー戦 結果」の記事を紹介します。



今日11月1日(日)、京都4R 2歳新馬戦(ダ1200m)が行われました。



先日取り上げました、 松山弘平騎手騎乗の1番人気 マル外エルフィンコーブ(牝2)が、見事デビュー戦で勝利しました。


エルフィンコーブはスタートから先手に立ち、そのまま逃げ切り勝ち。


勝ちタイムは1分13秒3。



【エルフィンコーブ 関連記事】
【エルフィンコーブ】11月1日 デビュー決定


2着は、2番人気 トップノート(牝2)。


3着は、3番人気 エイシンシエル(牝2)。



エルフィンコーブ 血統】(牝2)


父  Adios Charlie(アディオスチャーリー)
母  Siren Cove
母父 Montbrook


調教師 :池添学(栗東)


馬主  :吉田和子


生産者 :John David O Farrell & J. Michael O Farrell, Jr.(米)


戦績  :1戦1勝



エルフィンコーブは、父Adios Charlie(アディオスチャーリー)の初年度産駒になります。



エルフィンコーブ(Siren Coveの2013) は、「OBS 2015マーチセール」で、Narvick Internationalが67.5万ドルで落札。



馬主は、社台ファーム創業者の故・吉田善哉(よしだぜんや)さんの妻 吉田和子(よしだかずこ)さんです。



エルフィンコーブ」の馬名意味は、「アラスカ州の地名」です。




Adios Charlie(アディオスチャーリー)産駒が、日本初出走で結果を出しましたね。


エルフィンコーブ次走はどのレースですかね?


次走も楽しみですね!