アーチキング】デビュー戦 結果」の記事を紹介します。



今日10月31日(土)、東京4R 2歳新馬戦(ダ1400m)が行われました。



先日取り上げました C.ルメール騎手騎乗の1番人気 アーチキング(牡2)は、2着に敗れました。


今日は相手が強かったので、アーチキング次走は、勝てるでしょう。



【アーチキング 関連記事】
【アーチキング】10月31日 デビュー決定



勝ったのは、田辺裕信騎手騎乗の4番人気 マサノジェット(牡2)。



中団後方待機、直線に入ると上がり3ハロン36.4秒の末脚で、一気に突き抜け、2着のアーチキングに6馬身差の圧勝。



2番目に速いトータルビクトリーの上がりが37.5秒。


マサノジェットがどれだけ速かったか分かります。



勝ちタイムは1分27秒1。



3着は、9番人気 トータルビクトリー(牡2)。


2番人気のポッドブロンコ(牡2)は4着でした。




マサノジェット 血統】(牡2)


父  カネヒキリ
母  ダンツライラック
母父 Barathea


調教師 :蛯名利弘(美浦)


馬主  :古賀禎彦(こがよしひこ )


生産者 :嶋田牧場


通算成績:1戦1勝



近親に、1993年の2000ギニーステークス 優勝馬のZafonic(ザフォニック)がいる血統。



マサノジェット(ダンツライラックの2013)は、2014年の「北海道サマーセール」1歳馬セリにて、古賀禎彦さんがなんとたったの300万円(税抜)で落札。



マサノジェット」の馬名意味は、「冠名+ジェット」 です。




マサノジェット次走は、どのレースですかね?


次走も楽しみですね!