フォーアライターデグラーティア  息子】10月31日 デビュー決定」の記事を紹介します。



10月31日(土)、京都5R 2歳新馬戦(芝1600m)で、デグラーティアの息子 フォーアライター(牡2)がデビューします。


鞍上は、浜中俊騎手です。



フォーアライター 血統】(牡2)


父  ハービンジャー
母  デグラーティア
母父 フジキセキ


調教師 :宮本博(栗東)


馬主  :有限会社 サンデーレーシング


生産者 :ノーザンファーム



デグラーティアは、デビューから無傷の3連勝で、小倉2歳ステークスを制覇。


デグラーティアの半弟のボールライトニング(父ダイワメジャー)は、10月の新馬戦で完勝。



【ボールライトニング 関連記事】
ボールライトニング【半姉 デグラーティア】 新馬戦 勝利!



フォーアライター」の馬名意味は、ドイツ語で「先駆者」です。



クラブ法人(馬主)の「サンデーレーシング」は、1口馬主クラブ。


愛馬会法人は、「サンデーサラブレッドクラブ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



【勝負服色】黒、赤十字襷、袖黄縦縞



フォーアライター(デグラーティアの2013)  1口馬主 募集価格】
1口出資額 :70万円
総口数  :40口 
募集総額 :2800万円



フォーアライター適正距離ですが、走ってみないと分からないですね。


ハービンジャー産駒の2015年の勝ち馬の平均距離(芝)は、1937.7m


デグラーティアスプリンター



フォーアライター自身ピッチ走法なので、ひょっとしたらスプリント戦もこなせるのではないか。


宮本博調教師は「短いところではないと思うので、まずはマイルを使ってみます」と言っています。




デグラーティアは、初戦で勝ち上がりましたが、フォーアライターはどうでしょうか?


楽しみですね!