タンタアレグリア 血統【菊花賞出走】」の記事を紹介します。



10月25日(日)に、3歳3冠の最終、第76回菊花賞(京都、G1、3歳、芝3000m)が行われます。



タンタアレグリアは、前走のセントライト記念で6着と負けましましたが、現在6番人気です。


意外にも人気が出ているので、血統面がちょっと気になり、調べてみました。



タンタアレグリア 血統】(牡3)


父  ゼンノロブロイ
母  タンタスエルテ
母父 Stuka


Mr. Prospector 12.50% 4 x 4 のクロスが発生。


同じく菊花賞に出走するリアファルゼンノロブロイ産駒で、ミスプロの4 x 4 のクロスが発生。



調教師 :国枝栄(美浦)


馬主  :G1レーシング


生産者 :(有)社台コーポレーション白老ファーム


通算成績:9戦2勝



タンタスエルテは、2005年のアルトゥロ・リヨン・ペーニャ賞(智G1)優勝馬。


半姉に、紫苑ステークスなど6戦4勝で、脚部不安の為早期引退したパララサルー(父ディープインパクト)がいる血統。



タンタアレグリア」の馬名意味は、「たくさんの喜び、これほど多くの歓喜(西)」です。



クラブ法人(馬主)の「G1レーシング」は、1口馬主クラブ。


愛馬会法人は、「G1サラブレッドクラブ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



【勝負服色】黒、赤襷、袖赤一本輪



タンタアレグリア(タンタスエルテの2012)  1口馬主 募集価格】
1口出資額 :75万円
総口数  :40口 
募集総額 :3000万円



過去10年 優勝馬 種牡馬


SS系 5頭
ステイゴールド 2頭
スペシャルウィーク
ダンスインザダーク
サンデーサイレンス


ゼダーン系 1頭
ジャングルポケット


ロベルト系 1頭
シンボリクリスエス


ブラッシンググルーム系 1頭
バゴ


ノーザンダンサー系 1頭
ホワイトマズル


ミスタープロスペクター系 1頭
エルコンドルパサー




ゼンノロブロイ産駒は、菊花賞をまだ勝っていませんが、過去10年の優勝馬はサンデーサイレンス系が半分の5頭が占めていて、大きく後押ししています。


ゼンノロブロイ産駒の1、2なんてあるかもしれません。



果たして菊花賞を制するのはどの馬でしょうか!