マカヒキウリウリ 全弟】デビュー戦 結果」の記事を紹介します。



今日10月18日(日)に、京都5R 2歳新馬戦(芝1800m)が行われました。



先月取り上げましたM・デムーロ騎手騎乗の1番人気 マカヒキ(牡2)が、見事デビュー戦で勝利しました。



マカヒキは、中団追走から直線に入ると楽に抜け出し2着に2 1/2馬身差の完勝。


勝ちタイムは1分47秒7。



【マカヒキ 関連記事】
マカヒキ【ウリウリ全弟】デビュー決定!



2番人気のエンヴァール(牡2)は2着。



マカヒキ 血統】(牡2)


父  ディープインパクト
母  ウィキウィキ
母父 フレンチデピュティ


調教師 :友道康夫(栗東)


生産者 :ノーザンファーム


通算成績:1戦1勝



全姉は、2014年の京都牝馬ステークス、2015年のCBC賞 優勝馬のウリウリ(牝5)。



マカヒキ」の馬名意味は、ハワイ語で「収穫祭」です。



マカヒキ次走は、モーゼスと同じで、京王杯2歳ステークス(11月7日、東京、GⅡ、芝1400m)か、デイリー杯2歳ステークス(11月14日、京都、GⅡ、芝1600m)ですかね?




マカヒキは直線に入って軽く促しただけで、最後は全く追わずに完勝。


衝撃的な勝ち方で、大物誕生ですね。



ただ、クラシックには、血統的にも距離が心配ですね。


早く次走が見てみたいです!



マカヒキですが、レース中に鼻出血びしゅっけつ)を発症した為、1ヶ月間の出走停止となりました。

癖になる場合があるのでちょっと心配ですね。


10月22日に福島県のノーザンファーム天栄に放牧し、
年内は休養。

よって、マカヒキ次走は、未定になりました。


残念ですね・・・。