パーシーズベスト超良血馬】 デビュー戦 結果」の記事を紹介します。



一昨日取り上げました超良血馬パーシーズベスト(牝2)が、今日10月11日(日)、京都5R 2歳新馬戦(芝1800m)でデビューしましたが、残念ながら惜しくも2着(1番人気)でした。



【パーシーズベスト 関連記事】

【パーシーズベスト】 10/11デビュー戦 決定



勝ったのは、5番人気の岩崎翼騎手騎乗のアグネススターダム(牡2)。


スタート直後から先行し、そのまま逃げ切り勝ち。


勝ちタイムは1分49秒5。



アグネススターダム 血統】(牡2)


父  アグネスデジタル
母  アグネスマジカル
母父 アグネスタキオン


調教師 :河内洋(栗東)


馬主  :渡辺公美子


生産者 :社台ファーム


通算成績:1戦1勝



叔父に、2015年の小倉記念 優勝馬のアズマシャトル、近親に2003年の3冠牝馬 スティルインラブがいる血統。



「アグネススターダム」の馬名意味は、「冠名+スターの地位」 です。



パーシーズベストは出脚がつかなかったのが痛かったですね。



パーシーズベスト上がり3ハロンメンバー最速34.3秒


2位が34.9秒ですからどれだけ他馬と違うか分かると思います。



次走は簡単に勝ち上がるでしょう!