【2015年 スプリンターズステークス】 注目馬」の記事を紹介します。


第49回スプリンターズステークスの注目馬を紹介します。


10月4日(日)の中山では、第49回スプリンターズステークス(G1・3歳以上・芝1200m)が行われます。



ついに秋のG1 開幕ですね!


第49回スプリンターズステークスの登録馬はこちらから
⇒  【2015年 スプリンターズステークス】 登録馬



◆最注目馬は、今年5月のヴィクトリアマイル 優勝馬のストレイトガール(牝6)ですね。


前走のセントウルステークスでは、4着に負けたとはいえ、休み明けでタイム差無しですから上々でしょ。


昨年のスプリンターズステークスでは、あと少しの所で戴冠を逃しました。


来年からは繁殖生活に入りますので、今年が最後のスプリンターズステークス、いい結果を残せるといいですね!



◆今年2015年のサマースプリントシリーズ優勝馬 ベルカント(牝4)。


去年の桜花賞から不振が続いていましたが、今年8月のアイビスサマーダッシュを完勝。


続く北九州記念も勝ち、完全復活の2連勝でサマースプリントシリーズ優勝。


初G1制覇で、ベルカント馬名の意味の「美しい歌」を奏でることが出来るでしょうか。



◆今年2015年のCBC賞 優勝馬 ウリウリ(牝5)。


前走のセントウルステークスでは、不利な大外枠でハナ差の2着。


完全に本格化。


次は叩き2戦目で結果を出せるか。



◆今年2015年の高松宮記念の2着馬 ハクサンムーン(牡6)。


高松宮記念以来のセントウルステークスで8着。


ちょっと負け過ぎですが、実績馬ですので軽視は出来ません。


悲願のGI 初制覇なるか。


ちなみに、今回はハナを譲らないそうです。



◆前走のセントウルステークスで、10番人気で逃げ切り勝ちのアクティブミノル(牡3)。


芝1200mは、負けなしの3戦3勝


アストンマーチャン以来8年ぶりに、3歳馬の優勝なるか?


前走がフロックでないか、ここが試金石ですね。



◆今年2015年のキーンランドカップ 優勝馬のウキヨノカゼ(牝5)。


スプリント路線へ変更後、現在2連勝中。


5歳ながら長期休養があり、まだ9戦しかしていません。


G1初挑戦で初制覇なるか。



◆今年2015年の高松宮記念の3着馬 ミッキーアイル(牡4)。


安田記念
以来になりますが、実績上位ですので軽視は出来ません。



◆昨年2014年の高松宮記念の優勝馬 コパノリチャード(牡5)。


その高松宮記念以来勝ち星なし。


M.デムーロ
とのコンビ復活で、自身も復活なるか。



◆香港馬のリッチタペストリー(セ7)。


昨年2014年10月に、アメリカGI・サンタアニタスプリントチャンピオンシップS(ダ1200m)で初GI制覇。


今年3月のドバイゴールデンシャヒーン(芝1200m)で3着に入賞。


C・ルメール
騎手騎乗だけに不気味な1頭。



リッチタペストリー(Rich Tapestry) 血統】


父  Holy Roman Emperor(ホーリー ローマン エンペラー )
母  Genuine Charm
母父 Sadler's Wells


Holy Roman Emperor(ホーリー ローマン エンペラー )は、Danehill(デインヒル)の直仔。



◆あとは、除外1番手になりますが、今年8月の北九州記念の2着馬 ビッグアーサー(牡4)。


ベルカントには屈しましたが、6戦していまだ連を外していません。


父はサクラバクシンオーですしまだ底を見せていなく、出てくれば面白い1頭になります。




今年のスプリンターズステークス牝馬が上位人気を占めそうですね。


絶対的な馬がいなく、なかなか難解な一戦になりそうです。