2015年 神戸新聞杯菊花賞トライアル】予想」の記事を紹介します。




明日9月27日(日)に、第63回神戸新聞杯菊花賞トライアル】(GII・3歳・阪神・芝2400m)が行われます。



神戸新聞杯は、ここ10年で1~3番人気が必ず連対していて、ここ3年は1着は1番人気、紐が8番、7番、8番人気とやや荒れています。



予想ですが、

リアルスティール


骨折休養明けですが、このメンバーでは絶対負けられません。


ダービー以外連を外していませんし、ここは格の違いを見せて欲しいですね。



アルバートドック

2走前の京都新聞杯では、ダービー2着のサトノラーゼンと0.1秒差の着。


そして、前走の白百合ステークスでは上がり3ハロン33.1秒の脚を使い優勝。


今回の阪神芝2400mは、4走前のゆきやなぎ賞を勝った同じ舞台。


打倒リアルスティールの1番手ですね。



キロハナ


左前トウ骨骨折で、約7ヶ月の休養明けのハンデ。


デビューから負けなしの2戦2勝でまだ底を見せていません。



そして、祖母が、G1 2勝の名牝 ノースフライト


ここを勝てば菊花賞が見えてきます。



ティルナノーグ


前走の信濃川特別を逃げ切って新境地を開拓。


実はティルナノーグは、「大山ヒルズ牡馬のエース」と言われていた逸材。



事実、新馬戦でデビュー勝利後、紫菊賞ではクロフネが保持していた2歳馬レコードを更新し前途洋々でしたが、その後さっぱり。



ようやく前走で勝利し復活の兆しが見えました。



先週のローズステークスを勝ったタッチングスピーチも実は良血馬で、同じように早くから「ノーザンファームナンバーワン牝馬と評価を受けていた素質馬でした。

まるで、ティルナノーグを見てるみたいです。


今回完全復活を見てみたいですね。



マッサビエル


関東の最終兵器
と言われています。


デビューから2000m以上をずっと使い、4戦3勝。


前走の芦ノ湖特別では、上がり3ハロン34.2秒の末脚で古馬に完勝


祖母は、G1 5勝の名牝 メジロドーベル



リアファル


初の芝戦となった前走のマレーシアカップでは古馬相手に逃げ切り勝ち。


並の馬では出来ない芸当。


ここは、C.ルメールだけに一発も。



買い方は、リアルスティールを1頭軸にして3連複で勝負!


2着以降は混戦ですね!