2015年 神戸新聞杯菊花賞トライアル】 注目馬」の記事を紹介します。




第63回神戸新聞杯菊花賞トライアル】の注目馬を紹介します。


9月27日(日)の阪神では、菊花賞トライアルレースの重賞 第63回神戸新聞杯(GII、芝2400m)が行われます。


最注目馬は、言わずもがなのダービー 4着馬のリアルスティールですね。


ダービー以外連を外していません。


そのダービーも、優勝馬のドゥラメンテから0.6秒差。


骨折休養明けですが、ここは絶対負けられません。



アルバートドックは、2走前の京都新聞杯では、ダービー2着のサトノラーゼン、 良血馬ポルトドートウィユと1/2馬身、ハナ差とわずかな差。

そして、前走の白百合ステークスでは上がり3ハロン33.1秒の脚を使い優勝。


打倒リアルスティールの1番手ですね。



そして、その白百合ステークスで4着だったティルナノーグ


前走の信濃川特別を逃げ切って新境地を開拓。


近親に、2013年の英セントレジャー、2014年のアスコットゴールドC 優勝馬 リーディングライト(Leading Light)がいる血統(父モンジュー)。



左脚骨折で休養明けのキロハナ

デビューから負けなしの2戦2勝でまだ底を見せていません。

前走のつばき賞では、上がり3ハロン33.4秒の末脚。


そして、祖母が、G1 2勝の名牝 ノースフライト


7ヶ月ぶりという不利な条件ですが、ここは試金石ですね。



現在2連勝中のマッサビエル

デビューから2000m以上をずっと使い、連を外していません。


前走の芦ノ湖特別は、2400m戦で古馬に完勝


祖母は、G1 5勝の名牝 メジロドーベル



リアファルは。前走の準オープン マレーシアカップで、古馬相手に勝利。


半姉に、神戸新聞杯と同日に中山で行われる、第61回産経賞オールカマーに出走で、今年のマーメイドステークス2着のマリアライト(父 ディープインパクト)がいる血統。


半兄は、2013年の交流G1 ジャパンダートダービーを勝ったクリソライト(父ゴールドアリュール)。


叔父に、2006年のジャパンカップダート 優勝馬  アロンダイトがいる血統。



今年の神戸新聞杯は、ちょっと混戦ですね。