第33回ローズステークスの注目馬を紹介します。



今週末は3日間開催で、9月19日(土)、20日(日)、21日(月)に行われます。


9月20日(日)の阪神では、秋華賞トライアルレース唯一の重賞 第33回ローズステークス(GII、芝1800m)が行われます。


なんと阪神JF桜花賞オークスそれぞれの優勝馬が出走します。


最注目馬は、オークス馬のミッキークイーンですね。


デビューから5戦してまだ連対を外していません。


そして阪神は、新馬戦の2着以外は2戦2勝です。


ちなみにこの新馬戦の3着は、ローズステークス出走予定のアンドリエッテです。



オークス2着のルージュバックは秋華賞直行、オークス3着のクルミナルは右前屈腱炎で出走しませんので、ここはオークス馬として、恥ずかしい競馬は出来ないですね。



桜花賞馬のレッツゴードンキは、オークスは折り合いを欠いて10着に敗れたので、距離短縮はプラス材料で、巻き返しに期待ですね。



阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬のショウナンアデラは、右前脚の骨折でクラシックを棒に振りましたが、ようやく戻ってきましたね。


ここは久々ですから、無事走ってくれて惨敗でなければOKですね。


ショウナンアデラは、捻挫により回避決定


私が一番注目しているのは。デビューから負け無しで3連勝中のディープジュエリー


前走のスイートピーステークスでは、上がり3ハロン33.8秒の末脚で絶望的な位置から差し切りました。


騎手が下手くそだったって言う噂もありますが・・・。


オークスも出走可能でしたが、先を見越して出走させませんでした。



血統的には、


ディープインパクト×母父Giant’s Causeway


Giant’s Causeway(ジャイアンツコーズウェイ )は、Storm Cat(ストームキャット)の直仔です。


ジュエルオブザナイトは、アメリカで2戦未勝利。


ジュエルオブザナイトの産駒には、半姉イヴニングジュエル(Evening Jewel)がいます。


イヴニングジュエル(父Northern Afleet ノーザンアフリート)は、G1デルマーオークス(芝9f)、G1アシュランドステークス(AW8.5f))など重賞4勝。


3代母エクセレントレイディ(Excellent Lady)は、ジェネラルチャレンジ(General Challenge)とノータブルキャリア(Notable Career)の2頭のG1馬を輩出。


4代母ノーザンシー(Northern Sea)は、アルゼンチンのリーディングサイアーを7年連続獲得した、「南半球のサンデーサイレンス」とも呼ばれたサザンヘイロー(Southern Halo )を輩出。


そして、「父ディープインパクト×母父Giant’s Causeway」の組み合わせからは、仏1000ギニー馬 ビューティパーラー(Beauty Parlour) が出ています。


血統的には、G1取ってもおかしくないですね。一線級との対決は初めてですから、ここが試金石ですね。



あとは、オークス5着のアンドリエッテ


騎手も川田将雅騎手から、横山典弘騎手に乗り替わるので楽しみですね。



そして、血統的に面白いのは2頭います。


名牝トゥザヴィクトリーの仔でトゥザワールドの全弟、トーセンビクトリー(父キングカメハメハ)。


現在2連勝中。


しかし中京、小倉の平坦コースで今回は阪神。


果たしてどうでしょうか?



同じく良血で、名牝メジロドーベルの仔のレーヌドブリエ(父ゼンノロブロイ)。


こちらも現在2連勝中。


メジロドーベルの仔の成績はイマイチなので頑張って欲しいですね。



オークス惨敗のクイーンズリングシングウィズジョイはどこまで巻き返すでしょうか?